鹿川漁協(江田島市)

野村 幸太さん

何を獲り、どこまでこだわるか、全て自分次第の自由な世界。"美味しい"の一言のために、こだわり抜きます。

自慢のお魚

鱧(6月〜11月)

鱧(6月〜11月)

真鯛(11月〜4月)

真鯛(11月〜4月)

こだわりポイント

【漁場】

宮島海峡の水深50m〜70mにいる鱧を狙っています。
宮島海峡の深りは海底が砂利のため泥が少なく、鱧が泥水を飲む事なく揚がるので、傷みの少ない元気な鱧が揚がります。
鱧を狙う時間帯は夕マヅメからの時間帯です。
鱧は昼網でも揚がりますが、サイズが0.3k〜0.5kサイズが多く0.6kより大きなサイズは夜網で多く揚がります。

【漁法】

底曳網での漁をしています。
鱧以外にも、年間を通して鯛や鱸や黒鯛等が揚がってきています。
網を曳く時間も大事ですが、海底の泥やヒトデ等を極力のせないように工夫しています。

【取り扱い】

血抜き、神経〆、冷やし込、そして何より1尾ずつ丁寧に処理する事を心掛けています。
また、お魚の身を落ち着かせるために半日、もしくは1日活かし込みをしています。

食べられるお店

白鷹

白鷹

広島市中区流川1-6

鮨 稲穂

鮨 稲穂

広島県広島市中区胡町5−7 ウインザービル 2階