広島市漁協(広島市)

岡野 真悟さん

元料理人だった経験も活かし、調理方法まで想定した丁寧な取り扱いが瀬戸内さかなの魅力を最大限に引き出します。

自慢のお魚

スズキ(春〜夏)

イシダイ(初夏)

カワハギ(秋〜冬)

ウマズラハギ(冬〜春先)

こだわりポイント

シーズンごとに最適な漁場を見極める

その年の天候や、狙う魚が捕食している餌によって魚の状態が変わります。シーズンが始まると色々な漁場で試しに漁をし、そのシーズンで最も魚の状態の良い漁場を選ぶようにしています。

魚を傷つけない鉾付きと一本釣り

広島湾の牡蠣筏に居着いた魚を狙います。魚体を傷つけないように注意を払い、オーダーに応じた最適な魚を1匹づつ丁寧に釣り上げます。

調理法から逆算した活かし込みと丁寧な取り扱い

獲った魚はすぐには出荷せず、必ず活かし込みます。魚体が回復し、最適な状態で出荷できるよう、プライドをもって丁寧に処理を行います。